本とか映画の話

本とか映画の話

おススメブログ-「内田樹の研究室」

フランス文学者・思想家・武道家でもある内田樹さん。乾いた土に水がしみ込むように心に入ってくる記事を、独断と偏見で選びました。ぜひ、どうぞ。
本とか映画の話

「キッチン」を読んでみてね

”坊っちゃん”には”きよ”がいるが、”桜井みかげ”には最初、"台所"しか無い。 この違いが、現代の若者の孤独をよく表しているのだ、と何かの本に書いてあった。吉本ばななの「キッチン」には、身近な大切な人の死を経験してしまった主人公みかげとみ...
本とか映画の話

”正しさ”に注意する

吉本 隆明さんという方がいらっしゃって、戦後最大の思想家、なんて呼ばれていたりする。残念ながら、つい最近(でもないか)お亡くなりになられた。 吉本さんの言葉に「へぇっ」と思わされることはいくつもあるのであるが、その中に、こんな意味の言葉が...
本とか映画の話

漱石先生のお言葉を一つ

夏目漱石の書いた『愚見数則』の中に、こんな一節がある。 小智を用る勿れ。 権謀を逞ふする勿れ。 二点の間の最捷径(さいしょうけい)は直線と知れ。 うーん。すごい。 好きな言葉です。
本とか映画の話

頂上と裾野の違いは

石塚真一さんの『岳』(小学館)という素敵なマンガがある。 北アルプスの山の中に住む男、 島崎三歩が懸命に山岳救助を行う姿が描かれる。   素晴らしいのは、 「山に登る」ということと、 「日常を生きる」ということが重ねて描...
本とか映画の話

ダメでもともとなのよ…!(『ガラスの仮面』)

 とにかくたのんでみよう  オーディション、受けさせてくださいって…!  ダメでもともとだもの…!    ダメでもともと…  そうよね  いままで何度この言葉にはげまされてきたかしれやしない…    はじめっから失うもの...
本とか映画の話

”ことし読んだ本アワード”2019

今年は、しごく簡単に振り返ってみたいと思います。ことし読んだ本は、下に書きましたこちらでした。44冊…。年間冊数は、記録を付け始めてから一番少なかったですね。 (※新刊・旧刊問わず、「自分が読んだ本」の中で一冊選ぶなら?という至極、適当な...
本とか映画の話

そこまで とべたら

「そうして何もしないでいていいの。」 という母親の問いに、中学生の「わたし」は答えるわけにはいかない。 いいと言えば「いい訳ないでしょ。」と来るし、 よくないと言えば、「分かっているのに、なぜ。」 と返されてしまうからだ。 部屋の...
本とか映画の話

古本売却の極意

指折り数えてみると、32年の人生で7回引越しをした。近場に友人の軽トラを使って…というお手軽なものもあれば、引越し業者さんにお任せ!というものまで色々あった。この歳になると周りで家を購入する人も増えてきたけど、仕事柄、転勤の可能性が否めなく...
旅ゆけば

京都で出会った葛飾北斎

先日、GWの代休ということで1週間ほどお休みを頂きました。家でゴロゴロしているのも何なので、京都に遊びに行った。宿は南禅寺の近くにとっていた。奥さんが調べると近くに面白そうな古書店があるというので、ぶらぶらとベビーカーを押しながらいってみた...
本とか映画の話

原付に乗りたくなる映画

『人のセックスを笑うな』という映画を見た。 好きなのだ、という後輩から借りたのである。 面白く見た。 それで、なんとなく思ったのが、きっと制作者の意図とはまったく違うだろうけど、「原付っていいよな」ということだったのである。 ...
本とか映画の話

『スターシップ・トゥルーパーズ』の感想

『スターシップ・トゥルーパーズ』という映画を見た。 感想としては…なんだか感心しないなあ、と思った。 好きな人いたら、すみません。 他の惑星の「昆虫型宇宙人」との宇宙戦争を描いた作品である。 昆虫型宇宙人の攻撃で、ブエノスアイレ...
本とか映画の話

【映画】ノルウェイの森を観て来た

昨日、ノルウェイの森を宮ピーと見て来た。 ビートルズの「ノルウェイの森」、いいですね。 内田 樹さんの、 でも、最後にジョン・レノンのあのしゃがれた声で『Norwegian wood』が流れると、そういう細かな瑕疵は全部どうでもよ...
本とか映画の話

“ことし読んだ本アワード”2018

※以下、本日の岡山→名古屋行きの新幹線での対談を収録。 →過去のアワードはこちら *** ▼記者 一応、ことしもやるんですね。 でもわざわざ新幹線の中でやらなくても…。 ▽筆者 気づいたら、きょうの夜は地元の飲み会だし、 ...
本とか映画の話

“ことし読んだ本アワード”2017

もーいーくつねーるーとー、おしょうーがーつー。 ということでね、気づけば今年もあとわずか。 来年は戌年ですか。 やったりやらなかったりの、「ことし読んだ本アワード」。 ことしも、なんとなく書いてみますか…。 参考)これまで...
本とか映画の話

火垂るの墓・「泣く、のその先へ」の話

かなり経ってしまったのだが、 アニメ監督の高畑勲(たかはた・いさお)さんが お亡くなりになった。 追悼企画としてテレビ放映された 「火垂るの墓」を、10何年かぶりに見た。 子ども時代に一度見て、あまりにも怖くて、つらくて、 また...
本とか映画の話

8月6日の「シン・ゴジラ」

きょうはおやすみ。 引っ越して来たばかりの東京の新居の周りを、自転車でまわってみる。 すると、近くに映画館付きイオンを発見。 せっかくなので、気になっていた「シン・ゴジラ」を見てきました。 結論からいうと、大変良かったで...
本とか映画の話

共に生きる覚悟(マンガ「のだめカンタービレ」)

「大人買い」ってほんとにやっちゃいますよね。 本を売るなら「BOOK OFF」で 日曜日に6時間ほど立ち読みしていたあの頃が懐かしいです。 いまや、思い立ったらスマホでポチ。 すごいですよね。 そんなこんなで、ついついマン...
本とか映画の話

映画「GRAVITY」

遅ればせながら、Netflixで「ゼロ・グラビティ」を見た。 子どもに哺乳瓶でミルクあげながら、 なんとなく見始めたんですが、止まらなくなりましたね…。 この映画、何がスゴイってまず役者が3人しか出てこない。 しかも一人は冒...
本とか映画の話

[読書記録]東京タワー

 「なんでも知ってるつもりでも、   本当は知らないことがたーくさんあるんだよ。   世界のフシギやいろんなキセキ。   それは、おでんたちのしわざかもしれないのです。」 で始まるアニメ「おでんくん」。 原作はリリー・フランキーの絵本だ。...
スポンサーリンク