まあなんか色々と

高校の廊下で”ハンドスプリング”を練習したこと

あけましておめでとうございます。 どうも最近腹筋のあたりが痛いなと思っていたら、どうやら、 年末から年始にかけていろんな人たちに会って笑いすぎて、 筋肉痛になってるみたいです。 本当に笑いまくった。 夕方、今年最初のブログに何を書こうかな...
まあなんか色々と

お守りと火、それからやる気

お守りは、分けられた火のようなものです。火は、他のものに火を移しても、移す前と同じように燃えますよね。「ご本尊」が元の火のようなものだとすると、お守りはそこから派生したたくさんの小さな火のようなものです。 そういう説明が、昔買った...
科学のこと、技術のこと

知ることは怖い事

大学の時、飲み会の後で、どういう文脈だったか、友達が 「知るってことは怖い事でもあるよね。  一回知っちゃうと、もう後戻りできないから。」 というようなことを言ったことがあった。 なるほど、と思った。 ルーズベルト大統領が、原...
スポンサーリンク
まあなんか色々と

池田さんの忘れられない言葉

2008年7月に、オリンピック出場を決めた走り幅跳び選手の池田(現・井村) 久美子さんが 試合後の記者会見で言っていた一言がとても印象に残っている。 「”逃げる”か”逃げない”かの2種類の選択しかなかったのに  チャンスのある限り...
まあなんか色々と

震災からまもなく一ヶ月、で考えたこと

今回の一連の震災報道を見ていて、 「自分の持ち場を意識して、そこで力を尽くす」 ということの大切さを思った。 「今」、「少し先の将来」をより良くしようと、この瞬間も闘っている人がいる。 同時に、「震災からこれまで」を見つめる事で...
まあなんか色々と

ありがとうございました

今、TX の中で発車を待ってます。 昨日は加速器センター、担当教官、研究室の皆さんにご挨拶。 部屋のアンインストールを進めて、 じーこさんと晩御飯食べながら色々お話し。 そのままじーことのり邸へ。 にっしー、ふくだ、のり、...
まあなんか色々と

美味しいご飯と温かいお話

引越しの片付けに疲れ果て、おそらく人生最後と思われる「おふくろさん弁当」を 食べながら、アムステルダムで後輩にもらったチェコビールを飲む。 気づいたら、こたつで寝ていた。 電話の音で起きる。 今日飲もうと言っていた友人からだった...
まあなんか色々と

地震

太平洋・東北沖地震から、明けて12日。 つくばでは、ライフラインが一部普通の地域があるようですが、 家屋の損壊とかは、そんなに目立ったものはないようです。 地震が起こったときは、同好会のスキー合宿で、長野からの帰路に付いている時で...
まあなんか色々と

バッハとクリストフ。自分自身で組み立ててゆくこと

ヨハン・セバスティアン・バッハ(J. S. Bach)は、9歳の時にお母さんを、そして翌年にはお父さんも亡くしています。 バッハは故郷のアイゼナハを離れ、オールドルフの町でオルガン弾きをやっている長兄クリストフに引き取られることになりまし...
まあなんか色々と

茂木さんの英語ブログを訳してみました

茂木健一郎さんの「クオリアジャーナル」:”We need sunshine, not the bomb: The QI incident. ”の訳を書いてみました。 An episode of QI, BBC's popular co...
科学のこと、技術のこと

スープとself-consistent

self-consistentという用語があります。 日本語では、「自己無撞着」とかいいます。 訳が分かりませんね。 つまりこれは、 スープみたいなものだと思っていいと思います。(ダメです。) ほうれん草と、人参と、ベーコンと...
まあなんか色々と

ロバート・キャンベルさんのお話を伺う

先日、東京大学大学院教授の ロバート・キャンベルさんのお話を伺う機会がありました。 別の所に書いたものだけど、ここにも載せておきます。 ご興味ある方、どうぞ。 開演までに時間があったので、前回同様売店へ。 I君にドーナ...
本とか映画の話

【映画】ノルウェイの森を観て来た

昨日、ノルウェイの森を宮ピーと見て来た。 ビートルズの「ノルウェイの森」、いいですね。 内田 樹さんの、 でも、最後にジョン・レノンのあのしゃがれた声で『Norwegian wood』が流れると、そういう細かな瑕疵は全部どうでもよ...
まあなんか色々と

再開、まっちゃん餃子(餃子どん)

まっちゃん餃子が再開しましので、お知らせします。 場所は、 のB付近です。 今日、研究室の人々と歩いて行ってきました。 そういえば、対抗駅伝は12/11で、多分埼玉で実験で 行けないんじゃないかと言うことが(今更)...
まあなんか色々と

優れた”ルール”としての”夢”

ある後輩が、 「博士課程に行かないという選択は、妥協だと思うんです…」と話していた。 多分、大学で物理を学び始めてからずっと、 「博士課程に行って」、「研究者になる」ことを夢見てきたのではないかな、と思う。 それは、とても素晴ら...
科学のこと、技術のこと

なぜ鏡は、左右を逆にするが、上下は逆にしないのか

こんにちは。 今日は、「鏡」の話です。 「なぜ鏡は左右を逆にするのに、上下を逆にしないのか?」という問いは、結構”有名な”問いかけだと思うのですが、今日はそれについて説明してみたいと思います。 ではまず最初に、「振り返って後ろを見...
科学のこと、技術のこと

サンデル教授の授業とサイエンス・コミュニケーション

日曜日に、NHK教育で「白熱教室 in Japan」という番組が放送された。 ハーバード大学のマイケル・サンデル教授による人気授業"Justice with Michael Sandel"の日本語版「ハーバード白熱授業」の人気を受けて...
まあなんか色々と

「自分にとっての、○○」を考える

大河ドラマ「龍馬伝」の序盤で、坂本龍馬が長州の久坂玄瑞(くさか・げんずい)に会いに行くシーンが有る。 坂本の郷里、土佐では、武市半平太らが中心となって、土佐勤王党が組織された。 周りが「尊王攘夷だ!」、「日本を守れ!」と盛り...
科学のこと、技術のこと

わたしにとっての博物館

国立科学博物館で行われている集中講義で、 「私にとっての博物館」という課題エッセイが出されました。 人気投票の結果、24作品中の栄えある一位に選んでいただいたので、 ここに自慢の意味を込めて掲載します。 (なぜか、全作品・名前非公表...
本とか映画の話

「キッチン」を読んでみてね

”坊っちゃん”には”きよ”がいるが、”桜井みかげ”には最初、"台所"しか無い。 この違いが、現代の若者の孤独をよく表しているのだ、と何かの本に書いてあった。吉本ばななの「キッチン」には、身近な大切な人の死を経験してしまった主人公みかげとみ...
スポンサーリンク