まあなんか色々と

幸せの鍛冶屋

Jeder ist seines Gluckes Schmied. (ことわざ)幸せは自らの手でつくるもの(←だれもが自分の幸せをつくる鍛冶屋である) (和独辞典より) 就職する先輩への寄せ書きを頼んだら、ある先生はこの一文だけを...
腹が減っては…

塩おにぎりの思い出

大学生の頃、お金を節約するために、 昼食を「.塩おにぎり」でしのいでいた時期があった。 食堂の定食味噌汁(セルフ)を おばちゃんの隙を見て飲んだりして。 (普通に窃盗罪だ。) ある日、自転車がパンクしたので直しに行った。 ...
科学のこと、技術のこと

なぜ鏡は、左右を逆にするが、上下は逆にしないのか

こんにちは。 今日は、「鏡」の話です。 「なぜ鏡は左右を逆にするのに、上下を逆にしないのか?」という問いは、結構”有名な”問いかけだと思うのですが、今日はそれについて説明してみたいと思います。 ではまず最初に、「振り返って後ろを見...
スポンサーリンク
まあなんか色々と

優れた”ルール”としての”夢”

ある後輩が、 「博士課程に行かないという選択は、妥協だと思うんです…」と話していた。 多分、大学で物理を学び始めてからずっと、 「博士課程に行って」、「研究者になる」ことを夢見てきたのではないかな、と思う。 それは、とても素晴ら...
本とか映画の話

【映画】ノルウェイの森を観て来た

昨日、ノルウェイの森を宮ピーと見て来た。 ビートルズの「ノルウェイの森」、いいですね。 内田 樹さんの、 でも、最後にジョン・レノンのあのしゃがれた声で『Norwegian wood』が流れると、そういう細かな瑕疵は全部どうでもよ...
まあなんか色々と

ロバート・キャンベルさんのお話を伺う

先日、東京大学大学院教授の ロバート・キャンベルさんのお話を伺う機会がありました。 別の所に書いたものだけど、ここにも載せておきます。 ご興味ある方、どうぞ。 開演までに時間があったので、前回同様売店へ。 I君にドーナ...
まあなんか色々と

茂木さんの英語ブログを訳してみました

茂木健一郎さんの「クオリアジャーナル」:”We need sunshine, not the bomb: The QI incident. ”の訳を書いてみました。 An episode of QI, BBC's popular co...
まあなんか色々と

バッハとクリストフ。自分自身で組み立ててゆくこと

ヨハン・セバスティアン・バッハ(J. S. Bach)は、9歳の時にお母さんを、そして翌年にはお父さんも亡くしています。 バッハは故郷のアイゼナハを離れ、オールドルフの町でオルガン弾きをやっている長兄クリストフに引き取られることになりまし...
まあなんか色々と

大学の寮の味噌汁の話

始発の電車で東京へ。 最近、東京へいく機会が多く日帰りも結構あるのだが、始発で東京行くのは初めてである。 駅までの道すがら、4時の福井の町を歩いてみて思ったことがある。 つくばに似ているのである。 信号の光りが、濃い霧のなか...
本とか映画の話

“ことし読んだ本アワード”2018

※以下、本日の岡山→名古屋行きの新幹線での対談を収録。 →過去のアワードはこちら *** ▼記者 一応、ことしもやるんですね。 でもわざわざ新幹線の中でやらなくても…。 ▽筆者 気づいたら、きょうの夜は地元の飲み会だし、 ...
本とか映画の話

“ことし読んだ本アワード”2017

もーいーくつねーるーとー、おしょうーがーつー。 ということでね、気づけば今年もあとわずか。 来年は戌年ですか。 やったりやらなかったりの、「ことし読んだ本アワード」。 ことしも、なんとなく書いてみますか…。 参考)これまで...
本とか映画の話

火垂るの墓・「泣く、のその先へ」の話

かなり経ってしまったのだが、 アニメ監督の高畑勲(たかはた・いさお)さんが お亡くなりになった。 追悼企画としてテレビ放映された 「火垂るの墓」を、10何年かぶりに見た。 子ども時代に一度見て、あまりにも怖くて、つらくて、 また...
まあなんか色々と

池田さんの忘れられない言葉

2008年7月に、オリンピック出場を決めた走り幅跳び選手の池田(現・井村) 久美子さんが 試合後の記者会見で言っていた一言がとても印象に残っている。 「”逃げる”か”逃げない”かの2種類の選択しかなかったのに  チャンスのある限り...
まあなんか色々と

ありがとうございました

今、TX の中で発車を待ってます。 昨日は加速器センター、担当教官、研究室の皆さんにご挨拶。 部屋のアンインストールを進めて、 じーこさんと晩御飯食べながら色々お話し。 そのままじーことのり邸へ。 にっしー、ふくだ、のり、...
まあなんか色々と

美味しいご飯と温かいお話

引越しの片付けに疲れ果て、おそらく人生最後と思われる「おふくろさん弁当」を 食べながら、アムステルダムで後輩にもらったチェコビールを飲む。 気づいたら、こたつで寝ていた。 電話の音で起きる。 今日飲もうと言っていた友人からだった...
スポンサーリンク