geopandasをインストール(コマンドひとつで)

検索してもあまり出てこなかったので、メモします。

<環境>

  • Windows 10 Pro(20H2)
  • Jupyterlab Desktop Version 3.2.9-1

最近、GIS関連の分析をすることがあってQGISを使っているのだが、データによってやはり動きが重いのと、「繰り返し作業」に課題がある気がして、geopandasを使ってみたいと考えていた。

geopandasとは、pythonのライブラリであるpandas(データの取り込みや加工、集計処理、数値以外のデータの処理が行える)のGIS分析バージョン、ということであるらしく、shapeやgeojsonファイルの読み込みはもちろん、描画、座標変換等、様々なことがpython上で行える…らしい。

よくわからんが、とりあえず入れてみていろいろ試したい、ということだ。笑

で、検索してみるけれどもよくわからない…。

そこで、公式ページをみてみると、

Installation — GeoPandas 0.11.0+0.g1977b50.dirty documentation
conda install geopandas

を使えば、最新版のgeopandasが入手可能だ。とある。
本当かな…と思いつつ、jupyterlabでやってみる。

えい。

・・・あれ、通った!?!?!

geopandasをインストールすると付属してくるサンプルを描画してみると…。
なんと描けた!

やったーーー!!!
せっかくなんで、いろいろ試してみようと思います。

サンプルコードはこちら。
こちらのサイトを参考にさせて頂きました。)

# -*- coding: utf-8 -*-
import geopandas

world = geopandas.datasets.get_path('naturalearth_lowres')      #世界地図
cities = geopandas.datasets.get_path('naturalearth_cities')         #都市

df_world = geopandas.read_file(world)
df_cities = geopandas.read_file(cities)

base = df_world.plot(color='white', edgecolor='black')
df_cities.plot(ax=base, marker='o', color='red', markersize=5);

ちなみに、国土数値情報の行政区域を以前、gpkgファイルに書き出したものを描画してみると・・・

描けてるぅ!!!すごいですね。いろいろ効率化できそう。

コメント