人が、サイトを立ち上げるとき

32歳になった3日後が、ちょうど育児休暇の残り一か月を切った日だった。
日付が変わった午前1時に、あれやこれや色々と考えていて眠れずにいた時、ふと布団の中で思いついたのが「ホームページをつくってみようか」ということだった。

先月から奥さんが働きに出て、日中は子どもとずっと一緒にいる。
今月も引き続き、そうだ。

きっとこの育休をとらなかったら見逃していたであろう、子どもの、小さいけれど確かな日々の成長がみられるのは本当に新鮮で貴重な体験だった。
でも一方で、何もしないまま育休を終えてしまってもいいのだろうか…?という漠然とした不安が頭の片隅に引っ掛かっていた。

そこで考えたのがWordPressでサイトを作ってみることだった。

この間まで20代だった我々も、もう三十路と呼ばれる年代になり、身の回りでもちらほら転職する友人が出て来た。いまのところ予定はないが、もし転職するなら…と考えた時、デフォルトで必要とされるのが「英語」と「ウェブ技術」だと、なんとなく思っていた。英語は、いま流行りのスカイプ英会話をやっているのでいいとして(いいのだろうか?)、ウェブについてはよくわからない。

よくわからないから、まあやってみて、ちょっとかじってみようかなと思った…というのがサイト立ち上げの経緯です。全然、大した動機じゃないですね。笑

まあ、なんかぼちぼちやっていけたらと思います。
よろしくお願いします。

コメント

  1. […] […]