「キッチン」読んでみてね

”坊っちゃん”には”きよ”がいるが、”桜井みかげ”には最初、”台所”しか無い。

この違いが、現代の若者の孤独をよく表しているのだ、と何かの本に書いてあった。
吉本ばななの「キッチン」には、身近な大切な人の死を経験してしまった主人公みかげと
みかげの居候先となる家の一人息子、雄一の心の交流が描かれる。

続編の「満月-キッチン2」で、みかげがカツ丼屋から旅行中の雄一に電話をかけるシーンがある。
表面上は何気ない会話を続けながら、みかげのカンは、「ぞっとするほど」冴えるのである。

二人の気持ちは死に囲まれた闇の中で、ゆるやかなカーブをぴったり寄り添って回っているところだった。
しかし、ここを越したら別々の道に別れはじめてしまう。
今、ここをすぎてしまえば、二人は今度こそ永遠のフレンドになる。

間違いない、私は知っていた。

でも私はなす術を知らない。それでもいいような気さえ、した。
(p.123)

みかげは電話を切った後、ものすごい脱力感に襲われ、
「ふれあう事の無い深い孤独の底で、今度こそ、ついに本当のひとりになる」
のだと感じる。
しかし、その後出された「すごいおいしさ」のカツ丼を食べた時、
みかげは衝動的に言っていた。
「おじさん、これ持ち帰りできる?もう一つ、作ってくれませんか。」

みかげは、届けたカツ丼を食べる雄一を見て、「やるだけのことはやった」という気持ちになる。
そこで選んだ彼女の「なす術」は、「素直に語る」ことだった。
先を考える事もやめて、ただ心の中にある言葉をすくい上げて言葉にする事だった。

そして物語は完結へ向かう。
雄一は決断し、みかげは「すべての答え」を感じ取る。

「恋愛」の定義を、早稲田大学の日本近代文学研究者 石原 千秋は次のように語る。

『ノルウェイの森』は、「ワタナベトオルの物語」と「直子の物語」が葛藤した錯綜体だったのである。
繰り返す。文学はそれを恋愛小説と呼ぶ。
そして、この錯綜した二つの物語を、「恋愛」と呼ぶ。
(石原 千秋「謎解き 村上春樹」p.327)

「交わる」や「沿う」ではなく、「錯綜」(複雑に入り組む事)という表現が、
リアリティを増している気がする。

みんな、一人一人が、本当に様々な事を考えて、
真剣に悩んでいる。
「錯綜」まで行かなくとも、大学に入っていろんな人と道を
交えたり、沿わせてもらっている気がしている。

他人と100%分かり合うことができないとしても、
人は誰でも死ぬとしても、
どうせいつか、地球は膨張した太陽に飲み込まれるのだとしても、
それは素敵なことで、嬉しい事だと思う。

そんなことを考えるきっかけになる(かもしれない)「キッチン」。
ぜひ読んでみてね。

コメント